[ネパール料理とは]

ネパール料理は、ターメリック、クミン、コリアンダーなど各種スパイスを使用したカレー味が基本。あっさりした質素な味付けが多い。ネパール料理の定番ダルダードをはじめ、ネワール料理(Newari food:カトマンズ盆地一帯に居住する民族の料理)やチベット料理(Tibetan food)も楽しめる。

【ダルバード タルカリ】

ダルバード タルカリ(Dhal Bhal Talkari)とは、ダル(豆のスープ), バード(ご飯), タルカリ(おかず), アチャール(漬物)がワンプレートに盛りあわされたネパール料理。ダル(豆)のスープを中心に各種おかずを盛った定食。インドやマレーシアのカレーと違い辛味がなく脂っこくなくてあっさり

家庭で頂いたもの。お店で食べる物とは異なり、野菜のタルカリが2品程度とアチャールが付いただけの素朴なもの。正直、アチャールはあまり口に合いませんでした。

【モモ】

主にチキン、水牛、野菜の3種類を使用した蒸し餃子。ネワール式(シュウマイのような丸い形)とチベット式(中国や日本の餃子と同じ形)があります。カトマンドゥ周辺のレストランで70〜150ネパールルピー(≒70〜150円)。気軽にどこでも食べれれるのが魅力の一つ。ただ、肉類を選択した場合、日本の餃子と異なり野菜類は全く入っていません。

【タントゥク】

タントゥク(Thenthu)はチベット料理の麺類の一つ。きしめんやすいとんのような麺を使用して食べやすく非常に美味しい。心温まる味付けです。カトマンドゥ周辺のレストランで150〜180ネパールルピー(≒150〜180円)

【チョウメン】

チョウメン(Chowmen)はチベット料理の焼きそば。ネパール料理としては珍しくスパイスが効いて多少辛めです。グリーンチリが入ってる可能性大なので、苦手な人は注文前に確認しておきましょう。野菜、卵、水牛、チキン、そしてミックス(この順番に値段が増加)を選べる店が多いです。カトマンドゥ周辺のレストランで80〜200ネパールルピー(≒80〜200円) 写真はチキンチョウメン:150ルピー

【トゥクパ】

トゥクパ(Thukpa)はチベット料理のラーメン。ギャトゥク(Gyathuk)とも呼ばれています。チョウメンと同様に野菜、卵、水牛、チキン、そしてミックスの種類があります。暖かいスープが飲みたい時はトゥクパを選ぶといいでしょう。値段もトゥクパと変わらず100〜200ネパールルピー(≒80〜200円) 写真は野菜トゥクパ:80ルピー

【ヤク肉 (2018年4月更新)】

ヤクとは、北インドからチベットにかけて生息するウシ科の動物。水牛とは異なり高山に生息しているだけあり毛がモフモフしています。エベレスト街道ではヤクの群れが出現し、大きな荷物を背負って登ったり降りたりしているところを見かけます。そしてこのエベレスト街道の名物にもなるヤク肉、ステーキやハンバーグなど様々な調理方法で提供されています。肉厚があり身が引き締まり噛みごたえがあります。臭みは全くありませんでした。
やはり運動のあとはたんぱく質ですね! エベレストトレッキングを目指す人は是非とも食してみてください! (バフ肉(水牛)との違いはよく分かりません)
エベレスト街道のナムチェにあるHotel Hangriでステーキをいただきました。
YAK Steak with Chips Egg & Vegetables[950ネパールルピー(≒950円)]

【シェルパシチュー (2018年4月更新)】

シェルパ(Sherpa)とは、エベレスト高地に住む少数民族のチベット系ネパール人になります。そのシェルパ族が愛用しているのがのシェルパシチューで、トレッキング最中のロッジのメニューに基本的に載っています。作り方にルールなどなく、私が頼んだシェルパシチューは麺、野菜、ガーリック入りでとても優しい味でした! ダンニャバード!(ありがとう) ミトツァ!(おいしい)
エベレスト街道のディンボチェにあるSnowlion Lodgeでいただきました。
Sherpa Stew(Veg, Noodles, Garlic, Poteto)[500ネパールルピー(≒500円)]

カテゴリー: 世界料理