[モロッコ料理とは]

モロッコ料理とは、マグレブ地方(モロッコやアルジェリアなどの北西アフリカ)に伝わるベルベル人の伝統的な料理を指す。タジンとクスクスが有名であり、主要都市はアラブ人の住居地域でもありケバブなどの中東系の料理も食べれます。イスラム系なのでチキンとミート(牛)がメインになります。 レート: 1 MAD = 11.6 JPY(2018年8月現在)

タジン

タジンとは、とんがり帽子のような蓋が特徴的な土鍋のことを指していたが、現在はこの土鍋で作られる料理全般のことを表す。タジン鍋の独特の形により、簡単に食材の水分だけで調理することができることから家庭でも日常的に食べられている。値段はレストランに寄ってまばらであり、地元民が愛する大衆レストランで30DH(約440円〜), 観光地レストランで70DH(880円〜) 高級レストランで200DH(約2200円〜)と異なってくる

写真はTajine poulet citron : (Poulet:鶏肉, citron:レモン)。野菜が入っていて家庭でも作るようなとても一般的なタジン。じゃがいもと人参はよく使われる食材の一つ、とても柔らかく煮込んであり、モロッコレモンで味付けされている レストラン:Tajin Darna マラケシュのフナ広場内 30DH(約440円)

写真はTajine mince(with kefta and eggs) : ビーフのミンスと卵を絡ませたタジン。野菜が入っていないと少しボリュームにも欠けてくる。砂漠ツアー中に訪れたレストランなので割高料金 70DH(約880円)

写真はTajine de Gambas(Gambas:エビ) : 観光地ではエビやイカなど海鮮類を使用したタジンもあります(あまり家庭では作られない)。エビのアヒージョのような味で付け合わせとして贅沢な一品料理 レストラン:Beldi Bab Ssour シャウエンにある観光客に人気のレストラン 45DH(約500円)

クスクス

クスクスとは世界最小のパスタとして知られ、北アフリカの先住民族ベルベル人の主食になっている。クスクスの全長は1mm程度で見た目は粉チーズでありパラパラ/パサパサとした食感になる。噛んだ瞬間にほんのりと小麦の甘味が口に広がりますが口の中の水分が一気に取られるので注意!!! パスタとして考えると若干違和感があり好みが別れる料理になると思います。 レストラン:Tajin Darna マラケシュのフナ広場内 30DH(約440円)

モロッカンサラダ

旬の野菜にレモンのドレッシングとオリーブがついたモロッコのサラダ。さっぱりした味付けでとても美味しい。モロッコは世界でも有数のオリーブ産地であり、どのレストランでもオリーブがついてきます。地元民は、カレーの福神漬けみたいな感覚で好んでオリーブを食べています。

カテゴリー: 世界料理世界

Translate »