モンテネグロ料理とは

セルビアから分離独立したバルカン半島にある旧ユーゴスラビアの一国、モンテネグロ。アドリア海に面した美しい旧市街の街並みを持つコトル(世界遺産)があることでも有名である。セルビア正教(正教会)(75%)・イスラム教(15%)・他カトリック教となりお隣国のボスニア・ヘルツェゴビナとは異なり豚肉を使用した料理(豚バラ肉の燻製や豚のカツレツ)も郷土料理とされている。ボスニア料理の[チェバピ]や[ピエスカビッツァ]を始めとした肉料理が主食である。また、元々セルビアと一つの国だったことから、セルビアとも郷土料理が似ている。小さい国でありながら国の通貨はユーロが使用されている レート: 1 EUR = 130 JPY(2017年10月現在)

【ポペッチィ】

ポペッチィ(Popeci)はモンテネグロの郷土料理で濃厚なフライ料理。叩いて薄くした鶏肉に、刻んだベーコン(豚肉)を卵で絡め小麦粉をまぶして揚げたもの。カラッと揚がったものにタルタルソースをかけて食べるというかなり高カロリーな料理。かなり脂っこいです。400グラム 5.6ユーロ(≒730円)

カテゴリー: 世界料理

Translate »