[コロンビア料理とは]

コロンビア料理を語る前に まずはおさらいです. コロンビアと言えば…!? 世界の3大美人国3Cの一ヵ国と言われています. この3Cというのは, 美人を多く輩出している国, コロンビア(Colombia), コスタリカ(Costa Rica), チリ(Chile)の頭文字がCであることから世界中でそうに呼ばれている. そんなコロンビアは [石を投げれば美人に当たる] とも言われています笑

そんな美女大国のコロンビアの料理は, アンデスの高地やカリブ海, アマゾンの熱帯雨林に面し, 多様な民族を融合した料理になります. 要は中南米と南米のいいとこどりでしょう!

ペルーやエクアドルなどと共通点が多いジャガイモやとうもろこしなどを使った煮込みスープ料理, アルゼンチンで多く食べられるアサドと呼ばれるビーフの焼肉, カリブ海沿岸などではロブスターをはじめとしたシーフードが食べられています

コロンビアもスペイン語を第一言語とする国になるので 以下のスペイン語を覚えておけば役に立ちます

代表的な食材
鶏肉 Plllo ポヨ
豚肉 Cerdo セルド
ハム Jamon ハモン
チーズ Queso ケソ
オムレツ Tortilla トルティーヤ
huevo ウエボ
調理方法
炒める Asado アサード
揚げる Frito フリート
煮る Fricase フリカセ
あえる con コン

バンデハ パイサ(Bandeja Paisa)


コロンビアで最も一般的な食事がバンデハ パイサです 日本でいう定食になりワンプレートでいただくご飯になります. ご飯に揚げた鶏肉(ポヨ)や豚肉(チチャロン), フリホーレス(豆のシチュー), 目玉焼きやバナナ, サラダ, アボガドなどがトッピングされることが多い様です. 見た目は全体的に茶色ですが, 愛されてる国民食になります

アヒアコ(Ajiaco)

アヒアコとはコロンビアを代表するシチュー じゃがいもをじっくり煮込んだスープになり, 鶏肉やとうもろこしなどが入っています. アヒアコはコロンビアに来たら一度食べてほしい郷土料理の1つになります

鶏肉 Plllo(ポヨ)


みんなが大好きなフライドチキン, フライドチキン専門のお店もたくさんあります! コロンビアでは, 鶏肉, 豚肉が多く食され, 続いて牛肉のイメージになります

ティラピア Mojala(モハラ)

MOJARRA(モハラ)は魚の一種で赤いティラピアになります. コロンビアではティラピアのフライが国民食になります. 日本でいうと鮭, マグロ, サンマみたいな感覚でしょうか

サボテン(食用)

日本ではあまり知られていませんが, サボテンには様々な種類があり中南米では食用のサボテンがあります(基本的にサボテンは, アルカロイドという有害物質を含んでいるので食べると人体に悪影響が出るらしいです) ただ食用サボテンには, ビタミン類、カリウム、カルシウムなど栄養が含まれており食用として大切に育てられている様です. 値段は写真に写っている1枚がスーパーで110円程度(3300コロンビアペソ) 焼いてサボテンステーキとしていただきましたが, とにかく皮が分厚く噛み応えがあり, 中身はねばねば酸味がある不思議な味でした 食べれなくはない,,, そんな感じです

[美人大国コロンビア]コロンビアのメイドカフェに潜入

スポンサーリンク




お勧めの記事一覧



カテゴリー: 世界料理

Translate »