[エチオピア料理とは]

エチオピア人は独特の文化を守り続けている国で、エチオピア料理も独特です。エチオピアで主食として欠かせない料理が発酵食品のインジェラインジェラを抜きにしてエチオピアは語れません。そして牛や山羊などの生肉が好んで食されています。生肉文化が国全体に根付いているので、いつでも何処でも気軽に生肉にありつけることが出来ます!

インジェラ



エチオピアを代表する主食のインジュラ。テフというイネ科の植物を粉にして水で溶いて発酵させてから薄く焼く、一言で表すと酸っぱい発酵クレープ。その上に様々な料理を乗せて手で頂きます。旅人の間で騒がれているのは”見た目はボロ雑巾で味はゲロ”。ボロ雑巾, ボロ雑巾と言われると、独特の色とブツブツが本当にボロ雑巾に見えてきます。見た目のインパクトはありますが、味は酸っぱいだけで決してゲロではありません。エチオピアでは、魚、肉、野菜、仕舞いにはパスタなど、どの料理を注文しても、このインジェラの上に乗って出てきます。それを手で混ぜて食べるエチオピアならではの料理。日本のもんじゃ焼き感覚で、みんなでつまみながらワイワイ食べるならありかもしれない

クトゥフォ(Kitfo)

牛肉をみじん切り(タタキ)にしたエチオピア料理。 生肉(ブルー)のまま提供する”トレ”、肉に若干火を通した”レブレブ”、よく火を通したものの中から好みの調理法を選ぶ。エチオピアでは当たり前のように生肉が食されています。写真はクトゥフォとは異なりますが、ぶつ切り状態で提供された生肉。ナイフで好きな大きなにカットして頂きます。肉の刺身です, 焼かなくても肉そのままの味を楽しめます。エチオピアに来た際は是非生肉に挑戦してみてください!

カテゴリー: 世界料理

Translate »