ゲストハウスに朝食がついていなくて涙

アルゼンチンはブエノスアイレスに滞在中
ほぼ白人系(観光客含め)しかいない, 大都会に困惑しています(都会はメキシコシティー以来2ヶ月振りぐらいかも?)

宿泊しているゲストハウス[Hostel Suites Florida]の朝食が8:00からということで首を長くして待っていましたが, いざ蓋を開けてみると朝食がついていないと断られる(涙 朝食付きだと思っていたが まさかの追加支払いでした; その金額120ペソ(約300円) んー, 120ペソも出せばアルゼンチンでは牛肉がお腹いっぱい(まではいかないが)食べれる!!! それなら自炊しようと思ったのですが, その時間帯はキッチンは使えない! という嫌らしい仕組み。もーいいわ, ということで朝食を食べに散歩がてら外に出かけることにする

南米のパリ ブエノスアイレスを散歩

ブエノスアイレスはヨーロッパからの移民が築いた街で[南米のパリ]とも呼ばれている。街の雰囲気がヨーロッパみたいで街には様々なアートも施されている。その中でも人通りの多く賑やかなフロリダ通り, マック, バーキン, スタバ, サブウェイ様々など外資資本のファストフードも立ち並んでいます。ゲストハウスすぐ目の前にマックがあり朝マックにしようとメニューを見ていたのですが, その隣に気になるファストフード店が!!!


店の看板には[Mostaza]の文字 アルゼンチンや南米ではチェーン店なのかな?

朝食に迷ったら[Mostaza]で決まり!!!


朝マックのメニュー : 日本にはないオリジナルメニューのクロワッサンがあります! 2個+カフェで55ペソ(約138円)


そしてMostazaの朝食メニュー : クロワッサンがマックと同じ値段! しかもクロワッサンの写真が美味しそうに見える!!! 悩みに悩んだ末, 冒険してみようとMostazaを選びました! やはり, 例え写真を盛ったとしても美味しく見える方に心が動きます!(店に人の入り具合など状況にも寄ると思いますが)


そして注文したのはもちろんクロワッサン! ではなく, トーストサンドイッチにしました[単なる気まぐれです] 65ペソ(約166円) 肝心のお味は, パリッとした香ばしいバンズにハンバーグ, ベーコン, とろとろに溶けたチーズがのっかっています。あまりの美味しさに一瞬で平らげてしまいました;


ちなみにゲストハウスの朝食、フルーツ食べ放題と考えると 結局こっちの方がコスパがいいかもしれないですね;

アルゼンチン ファストフード店 シェア率

アルゼンチン国内のファストフード店シェア率を調査してみました

アルゼンチン国内のファストフード店シェア率は以下
1. McDonald’s
2. Burger King
3. Mostaza 公式ウェブサイト
4. KFC
5. Subway

マクドナルドが不動の1位みたいです! 個人的に大好きなバーガーキングが2位にランクイン! そして何とMostazaは3位に入っていました! よくよく調べてみると, ウルグアイやパラグアイにも進出しているファストフード店。 Mostazaはスペイン語になり, 日本語でマスタードソースの意味があるみたいです。ソースの名前を店の名前にするとは, 斬新な考え方ですね!




お勧めの記事一覧



にほんブログ村のランキングに参加してます!
1日1度押して頂けるとポイントが反映してランキングが上がっていく仕組みになってます。
↓このボタンをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑このボタンをクリック↑
皆さんのクリックでブログを書くモチベーションにも繋がってきます! 是非お願いします!
Translate »