マレーシアのクライミング事情

マレーシアでもクライミングは盛んであり, 首都クアラルンプール付近にたくさんのクライミングジムが存在します. 東南アジア最大級と言われているCamp5には会員登録者が7000人いるとのことです. Camp5にはいずれ足を運ぶとして,,, こんかいご紹介するのがピンクモスクがあることで有名なプトラジャヤにあるクライミングジム, Putrajaya Challenge Parkになります. 利点は圧倒的な安さでクライミングが楽しめること, 施設が充実いしている(クライミングルートがたくさんある)これに限ります!

Putrajaya Challenge Park アクセス方法 基本情報

基本情報
・Putrajaya Challenge Park
・住所 Jalan P5, Presint 5, 62200 Putrajaya, Wilayah Persekutuan Putrajaya, Malaysia
・最寄り駅 Putrajaya Centralからタクシー/Grab1
・関連サイト :公式サイト
・入場料金 : 6RM(約150円) 圧倒的な安さ!!!
・休館日 : なし
・入館時間 : 10:00-13:00, 14:00-17:00, 18:00-21:00



クライミング料金

クライミングには種類があり, どのクライミングをするかによって料金は変わってきます

クライミングの種類

  • ボルダリング(手と足だけで壁を登るクライミング 失敗して落ちてもマットがあるので安心)
  • トップロープクライミング(ロープクライミング = トップロープ 常に安全が確保されているので, 敷居は低くマレーシアでは大人気)
  • リードクライミング(クライマーが支点にロープをかけながら登る上級者向けのロープクライミング 技術が伴われます)
  • 日本ではボルダリングが流行っていますが, マレーシアでは圧倒的にトップロープクライミング(トップロープ)が主流になります. トップロープではサポートする相方(ビレイヤー)が必ず必要となり, クライマーが墜落しても安全確保を求めらる重要なポジションです. 万が一の場合大きな事故に繋がるので, 初めてトップロープを経験する人は経験あるクライマー, もしくはスタッフにレクチャーをしてもらいましょう レクチャー料金:30RM(4人まで)

    ボルダリング料金

    ボルダリング料金
    ボルダリング料金(レンタルが不要であれば入場料のみ)
    ・ Entrance Fee(Adult) [入場料] 6RM
    ・ Climbing Shoes [シューズ] 7RM
    ・ Chalk Bag [チョーク] 3RM
    合計:16RM

    トップロープクライミング料金

    トップロープクライミング料金
    トップロープクライミング料金(レンタルが不要であれば入場料のみ)
    ・ Entrance Fee(Adult) [入場料] 6RM
    ・ Climbing Shoes [シューズ] 7RM
    ・ Chalk Bag [チョーク] 3RM
    ・ Harness [ハーネス] 5RM
    ・ Belay Device [ビレイデバイス] 4RM
    合計:21.5RM (チョークとビレイデバイスを2人で使用した場合)
    ※初めての人はレクチャー料金:30RM(4人まで)

    リードクライミング料金

    リードクライミング料金
    リードクライミング料金(レンタルが不要であれば入場料のみ)
    ・ Entrance Fee(Adult) [入場料] 6RM
    ・ Climbing Shoes [シューズ] 7RM
    ・ Chalk Bag [チョーク] 3RM
    ・ Harness [ハーネス] 5RM
    ・ Belay Device [ビレイデバイス] 4RM
    ・ Climbing Rope [クライミングロープ] 15RM
    合計:28RM (クライミングロープ, チョーク, ビレイデバイスを2人で使用した場合)
    ※初めての人はレクチャー料金:30RM(4人まで)

    リードクライミング トップロープエリアが充実


    リードクライミングエリア(ほんの一部 ルートはかなり充実しています)


    ボルダリングエリア(レベル分けの目印がないので, 最初は戸惑います 簡単なルートが少なくボルダリングに慣れた人向け)


    トップロープエリア(大人気エリア 初めてクライミングする人も多く 皆気軽に参加しています)


    トップロープエリア(大人気エリア 足の踏み場にも困ってしまうほど混むことがあります)

    スポンサーリンク




    お勧めの記事一覧



    カテゴリー: マレーシア

    Translate »