キナバル山 日帰り登山禁止

キナバル山はガイドさえついてくれれば日帰り登山ができるという情報が出回っていますが, 2020年現在日帰り登山は禁止されています. ロンリープラネットに記載されている日帰り登山の裏技は2015年までとなります. その背景には, サバ地震(2015年6月5日, サバ州で発生したM6.0の地震)があります.

サバ(Sabah)地震
震央の北十数kmに位置するキナバル山(標高4095m)で広範囲に地すべりや落石が発生し, 救助活動が行われたが18人の死亡が確認されている(日本人含む)

キナバル山 日帰り登山計画(2019年末)

※2019年12月年末,キナバル山登山を計画. まずはラバンラタ(キナバル山にある山小屋)のホテルの値段を調べるが,,, ドミトリーは外国人の値段が一人1945RM(約48500円)と, とてもではないがキナバル登山を諦めるレベルでした.

年末によるラバンラタのホテルの高騰により, スケジュールを短縮して日帰り登山を試みました! (日帰りだと安価になり, 1日予定が空きキナバル周辺を他の日程に当てることができる という強引なプラス方向の考え)

当時のネット情報が以下
————————-
・日帰り登山ができるガイドが4人ぐらいしかいないので人数制限がある
・日帰り登山枠が4組なので、取れるかは現地で要調整
・制限時間があるらしいですが、登り5時間弱、下り3時間半程度なら間に合いそう
・パッケージ名は「ハードコア登山」で, 費用は680RM(21760円、2-4人の場合)ほど
参考ブログ https://4travel.jp/travelogue/10772188
————————-

基本はネットでホテルを予約する人がほとんどですが, 直接キナバルパークにある事務所(Kinabalu park office)で手続きに向かいガイドさえ雇えば日帰り登山ができるかどうか聞いてみました!

そして結果は,,, ダメの一点張り. 以前は登れたと情報を持っていると伝えるも, 地震の影響で現在は禁止されているとのこと.

どんなに交渉しても現在は 日帰り登山は禁止されているとのこと!

これを読んでいる皆さん, ホテルの予約は必須なので, 事前に予約しておきましょう! (但しホテルの予約はシステム上 1ヶ月前から)
ラバンラタ(ホテル予約方法)

ラバンラタのホテル予約(ネット オンライン)

ラバンラタとは, キナバル山にある山小屋であり, 登頂を目指すにはここのホテルに宿泊するのが一般的になります.

キナバル自然公園を管理する[ステラサンクチュアリーロッジ]に直接連絡を取り予約する方法がネット予約では最安になります.

ネットでの予約は, 外国人の値段が一人1100RM(約27500円)が平均になります. マレーシアからの物価から考えると非常に高いです… が, 観光業でなりたっているものなので致し方ないでしょう.

キナバル山は個人で登る場合, 予めラバンラタのホテルを予約する必要があります(入山規制もあり最大1日あたり150名)


2019年12月年末の料金は外国人の値段が一人1945RM(約48500円)となっており, とてもではないがキナバル登山を諦めるレベルでした…

個人手配が一番格安

キナバル山で一番オススメなのが個人で行くプランになります(個人手配とは, ツアーに申し込むことなく必要なガイドやホテルなどを自分たちで予約すること)

一般的な手続き
・ラバンラダのホテル : ステラサンクチュアリーロッジで予約が一般的
・入山手続き(入山料, ガイド料の支払いなど) キナバル公園事務局(Kinabalu park office)で手続き
・ガイド手配 キナバル公園事務局(Kinabalu park office)で手続き

最重要なのがホテルです, 宿泊するホテルが決まらなければ(宿泊できる場所がなければ)登山許可を申請することはできません.

今回, キナバル公園事務局で日帰り登山は無理と断られ, ホテルで予約してくれば入山手続きをしてくれるということで, ステラサンクチュアリーロッジの事務所に直接足を運びホテルを予約することに.

ドミトリーの金額は, ネットで申し込むより遥かに安い金額で提供をしていたが, 残念なことに年末でいっぱいとのこと

一部屋だけ, 3000RM(約75000円)のVIPループが残っているとのこと. VIPルームも3人で割ればそこまで高くはないが一旦考えることに.

キナバル公園事務局に戻る, キナバル公園事務局で民間のホテル枠がありパッケージで売ることもあるが, 明日になるまでキャンセルが出るかは分からないという

登山予定は明日, 流石に明日まで待ってキャンセルがでなかったら登ることすらできない

話を聞くと, ガイドが予めホテル枠を持っていて, キャンセルをしても民間のホテル枠は開かないようになっている。なのでキャンセル待ちを狙うのはかなり困難…

とそこに, とあるガイドが話し掛けてきて, 1000RM(ホテル, 入山, ガイド, 登山口までの送迎料 全て込み)で譲ってあげると話してくる.

安価にも関わらずさらに値下げしようとするも相手にされなかったので, 事務所とも確認し, 運良く土壇場で1000RM(約25000円)という破格ででキナバル山に登れる手配ができました!!!

ツアー申し込みサイト(英語)
https://www.river-junkie.com/mount-kinabalu.html
Including pick up and drop off at hotel. One night stay and meals accommodation at Laban Rata.

参考ブログ
https://www.gb-trip.com/2018-01-13-203225/

スポンサーリンク




お勧めの記事一覧



Translate »