グリンデルワルド(Grindelwald)とは

Grindelwald(グリンデルワルド/グリンデルヴァルト)とは、スイス・アルプスにあるベルン州山岳地方の村。人口は約4,000人で、ユネスコ世界遺産に登録されているユングフラウ~アレッチ~ビエッチホルン地域への観光や、登山・トレッキングの拠点として、夏には主にハイキング・トレッキング目的の観光客、冬はヨーロッパ人のスキー客でにぎわう。村はアイガーの麓に位置し、氷河の他にも雄大なアルプスの花畑(冬はスキー場)を展望することもできる 出典:wikipedia

グリンデルワルドのキャンプ場

グリンデルワルド地区には2ヶ所のキャンプ施設があります。[アイガーノルトワルド(Eigernordwand)], [グレッシャードルフ(Gletscherdorf)], 両キャンプ場もトリップアドバイザーに載っています。グリンデルワルド駅から徒歩1分の場所にある日本語観光案内所, モンベルストア(グリンデルワルド店)の店員さんと相談し, アイガーノルトバンドキャンプ場を利用することにしました。アイガーノルトバンドとは, アイガー北壁という意味があり, アイガー北壁の真下にテントを張ることができテント生活を楽しむことができます

アイガーノルトワルドお勧めの理由

・アイガー北壁の真下にあり, 渓谷の眺めが素晴らしいキャンプ場
・立地条件がいい(グルンド駅 800m, グリンデルワルド駅 2km)
・キャンプ施設が広く, 綺麗で真っ平らな芝の上にテントを張れる
・キャンプ施設に、シャワー、洗面所、洗濯機、電源などが完備されている
・Wifi(無料)が利用できる(隣接されている Chalet – Restaurant BodenwaldのWifi)

キャンプ生活の様子


キャンプ場付近の様子 アルプスの少女ハイジの世界ここにあり!?


キャンプ場付近の様子 アルプスの少女ハイジの世界ここにあり!?


テントを設置するのに厳密な境界など特にありません。好きな場所に張っていいよ! と言うことで、アイガー北壁が見える目の前にテントを設置


夕陽に染まるアイガーは神秘的! 天気がよければ常にこの風景を観ることができます


シャワー室, 洗面所も綺麗で使い心地がよかったです


自炊する人のために食器を洗う台所もしっかり完備されています


キャンプ場内に野生キノコも生えてます! 僕は食用きのこを見極められる玄人ですが, 素人は決して食材に使用したりしないでください


グリンデルワルド駅付近にあるスーパーマーケット(Coop)で買い出をして、自炊をする時間も楽しみの一つになります。物価の高いスイスですが(食材の値段も1.2〜5倍ぐらい), パスタの値段はさほど日本と変わらりません(500g = 1CHF:約117円)


きのこの味噌バター炒め(主食はほぼパスタなので, パスタの具として使用) このキノコはもしや…!?


具沢山野菜炒め(塩胡椒) 人参:1kg=2.20CHF(約257円) マッシュルーム:300g=3.95(約462円) 玉ねぎ:


団欒の場もあり旅行者同士で会話したり, 時間の共有をすることもできます


ホテル(Chalet Bodenwald)にはレストランもあるのでのんびりカフェも楽しめます。明日は何処にトレッキングしようかな? などのんびり考察することもできます

にほんブログ村のランキングに参加してます!
1日1度押して頂けるとポイントが反映してランキングが上がっていく仕組みになってます。
↓このボタンをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑このボタンをクリック↑
クリック・フォローお願いします!
カテゴリー: 旅情報

Translate »