ジャマイカでわらしべ長者を目指してみる

日本のおとぎ話のひとつでわらしべ長者という物語がある。わらから始まり物々交換をしていき最後には大金持ちになった話である。
それを実際にやったらどうなるか!? 日本の5円玉からわらしべ長者をすると最終的にどこに辿り着くのか! 検証してみました!!!

人々と交流することでその国の雰囲気が分かる

ジャマイカはネグリルという観光リゾート地でわらしべ長者をスタート! 出会いあり, コミュニケーションありで様々なドラマが生まれました!


[ジャマイカ人のラスタマン(ラスタファリズムを信仰するジャマイカの宗教の一つ)]
彼らに取ってレゲエは外せなく, とてもフレンドリーで愉快な方でした! サングラスを貸して! と伝えたら快く受け入れてくれ, これ ありがとー! 交換しよー と冗談交じりの会話も笑顔で答えてくれました。わらしべ長者の企画として物々交換には至りませんでしたが, コミュニケーションがとても楽しかったです!


[砂浜を歩いていたら 陽気な雰囲気で[こんにちはー]と日本語で声を掛けてきたジャマイカ人]
様々な目的(商売だったり客引きだったり)で声を掛けてくる現地の人がいますが, レゲエCDの販売で声を掛けられました。その声の掛け方が凄いノリがいい!!! ジャマイカ人に商売が強引な人は少なく, いらないよ! 考えてみるね! と素直に自分の気持ちを伝えると すぐに引いてくれます


[レゲエCDの販売をしていたジャマイカ人のお友達]
日本の5円玉にとても興味を持ってくれて, とある物に交換してくれました!


[レゲエミュージックがガンガン流れている地元の人たちが交流している場所へ突撃]
ノリでレゲエダンスを一緒に踊ることに! あまりにもその空間が楽しすぎてわらしべ長者の企画を忘れてしまうほど!


ネグリルのセブンマイルビーチには不思議な置物も多くあり, 売り物なのか イメージで置いてあるのか!?


となると ネタで話し掛けてみたり!!!


そしてジャマイカと言えばマリファナ大国!!! ガンジャーガンジャー(マリファナ:大麻のこと)と話し掛けられます。最初は何を言ってるのか分からなかったものの,,,


ビーチの周りにマリファナのプランテーションもたくさんあり[このマリファナは俺が栽培したんだぜ]などと誇りを持って話し掛けてくるジャマイカ人もいました!!!


ビーチも綺麗なネグリルのセブンマイルビーチにはお店もたくさん立ち並び, カクテルを飲みながらのんびりする外国人観光客も多かったです


その後も物々交換がなかなか難しかったものの,,, ビーチを歩き回っていると一度話し掛けたジャマイカ人に声を掛けられる! 何かな? と思って近寄ってみると まさかの出来事が!!!!!
ジャマイカ人は挨拶で普通にリスペクトって使い, 拳を合わせることが多いです。深い意味はなく出会ったときにはリスペクト!!! レゲエ用語の挨拶(出会いと別れの際)なんだそう


1日歩き回り, 最後はビーチに倒れこみました…(笑

動画(YouTube)にて公開

【検証】わらしべ長者をジャマイカ(海外)でした結果 奇跡起きた

わらしべ長者(ネタバレあり)

[わらしべ長者の結果は以下]
5円玉 -> 100 ジャマイカドル(価値:100円ぐらい) + ミサンガをもらいました

[今回の教訓]
現地のお金に交換してしまうと, 価値が固定されてしまうためその先の交換が難しい
ただしジャマイカでは, 100ジャマイカドルでマリファナ数gと交換することは可能でした

少し強引な感じに 交換して! 交換して! と失礼に当たる部分もあったかもしれませんが、無茶振りにも笑って返してくるジャマイカ人, 陽気で素敵な人ばかりでした! 最後の最後にはミサンガをタダでくれて若干泣きそうになることも…

わらしべ長者企画を通してジャマイカ人の陽気な人柄に触れることができました。南国の暖かい国は陽気な人が多いと言われていますが、カリブ海にあるジャマイカもまたその国の一つ! レゲエ音楽を心から愛するジャマイカ人, 明るく踊りたくなるようなサウンドに包まれレゲエを楽しむ! 会話を楽しむ事ができればすぐに仲良くなることができます!

反響があれば, またわらしべ長者企画をやってみようと思います!

カテゴリー: ジャマイカ

Translate »