[トンガリロ・クロッシングとは!?]

ニュージーランド最大の都市オークランドから南に350kmほど行った所にあり、北島のほぼ中央に位置するトンガリロ国立公園。ニュージーランドで一番歴史の古いトンガリロ国立公園は、トンガリロ、ナウルホエ、ルアペフという3つの火山を取り囲むようにあります。幻想的かつ鮮やかなコントラストを成す自然景観でも知られています。その中で最も有名なトレッキングコースが「トンガリロ・アルパイン・クロッシング(Tongariro Alpine Crossing)」です。ニュージーランドで最も素晴らしく、世界でもトップ10に入るであろうと言われているトレッキングコースです。溶岩やクレーター、蒸気孔、エメラルド色の湖の織りなす壮大な景色は忘れられない思い出となるでしょう(時期によります)

[トレッキング体験レポート]

アルパインクロッシングは通常、ツアーで行く必要があります。コースの出入口までバスの送迎サービスを使い、コースを一方向に歩くトレッキングコースになるからです。Taupo(タウポ)、Whakapapa(トンガリロ国立公園の観光のベースとなるファカパパ・ビレッジ)などから多くのツアーがあります。私が申し込んだのはゲストハウスのYHA Taupo、送迎バスでコースの入口(マンガテポポ側)に送ってもらい、山を横切った後、コース出口(ケテタヒ側)までまたバスに迎えに来てもらいました。

【参加ツアー】Tongariro Experience(YHA Booking)
【参加費用】 120NZD
【参加日時/時間】 2014/9/4 6AM Pick up
【申し込み代理店】YHA Taupo(ゲストハウス)
【天候】雪/曇
【コース状況】雪山トレッキング

マンガテポポ駐車場からいざ出発! この時期に咲いている紫色の植物がとても綺麗に見えます

第一展望台!? 曇りがかってはいまし他が、この時点ではまだ青空が確認できました。ここから雪山登山のスタートになります

天気はあまり良くなく周りは雪景色

アイゼン, ピッケルなど装備していざ準備万端!!

柔らかな新雪もあれば足場の悪いツルツルの氷など千差万別の雪道を進んでいく

はぐれると危険なのでリーダーの指示にしっかり従い、何も無き道をひたすら進んで行く

ぞろぞろ。ピッケルの上を人が歩いている風に写真を

途中で撮ってもらったお気に入りの写真

最後はトレッキング中に仲良くなった仲間と。風は冷たく霧も深くなり辛い登山になりましたが、雪に覆われた山の美しさは感動でした!!!

[まとめ]

日帰りで歩けるトレッキングコースとして人気が高く、このトンガリロ・クロッシングを歩くためにニュージーランドのみならず海外からも8万にもの観光客が訪れるとされています。夏季(10月-5月)がトレッキングシーズンになるので、溶岩やクレーター、蒸気孔、エメラルド色の湖を観るのが目的であれば、時期を確認してから予定を組んだほうがよさそうです。通年で歩くことができるこのコース。ただ冬季は氷点下となり、雪や強風などの厳しい気象条件となることから、十分に準備が必要になります。私がトレッキングした9月前半は既に冬季に差し掛かり、残念ながら写真でよく観る景色は見れなかったので、今度はトレッキングシーズンに訪れようと思います。

Translate »