オーストラリアでサーフィンデビュー!!!

サーフィン大国のオーストラリア! サーフィンが国技になっているオーストラリアは, サーフィンが身近なスポーツとして親しまれています. 生まれてこの方, 機会がなかったか一度もサーフィンをしたことがなかったが, ワーホリ友達の[なおこりん]に突然サーフィンをしようと誘われることに! 憧れの海外でサーフィンデビュー!?

サーファーが集まるマンリービーチ[Manly Beach]

オーストラリアのサーファービーチとして最も有名なのは, 東海岸のゴールドコーストになります. ゴールドコースト周辺は一年中温暖で楽園のようなリゾート地であり, サーファーズパラダイス(ビーチ名)はサーフィン界でも有名なサーファーポイントが集中しています. がしかし! サーフィンができるのはゴールドコーストだけではなく, 大都会のシドニーでもサーフィンができるとのこと! その一つがマンリービーチ[Manly Beach]になります


オーストラリアは真冬の8月でもビーチには, 友達同士, カップル, 親子連れ, と多くの地元市民が集っている. (水温はかなり低いので, 当たり前ですが海水浴をしている人はいませんでした…!?)

特徴
・ サーファービーチとして親しまれている(サーフィンが許可されている)

アクセス
・アクセス: シドニーの中心部である[サーキュラーキー(Circular Quay)]からフェリーに乗りシドニー郊外にある[マンリー港(Manly Wharf)]へ. マンリー港からは徒歩でマンリービーチまでアクセスができる



 

[初心者/全レンタル]スクール無しで波に乗れるか!?

ついに波乗りピカチューデビューです! [なおこりん]はスクールに1度通ったことがあり, 3回程サーフィンをしたことがあるという. サーフィン初心者/ど素人/知識0の僕は, 波の乗り方など全て彼女に託すことにした


レンタルのボードとウェットスーツ : ボードの種類はショートボード(経験を積んだサーファーが使用するボード), ロングボード(初心者大歓迎, 浮力は高く安定性があるボード)とあり, もちろん僕はロングボードを選択! 人生で初めてボードに乗りました(触る)


ボードを持って海へと着水. この時点では特に技術は必要なく, ただただ真冬の海は寒いということだけ…(シドニーの8月は東京の1月と似た気温…)


パドリング(サーフボードを手で漕ぐこと)で沖へ進む. ロングボードで浮力が得られているためか, 思ったよりスムーズにできました. そしてここから波待ちをします. 狙い目の波(実際に初心者なのでよく分かりませんが)が来たら, 岸に向かいながらパドリングをする! そして波に乗りテイクオフ(ボードに立つこと)で波乗り開始だ!!!


おーっと! 早くも波を見極めたか!!! テイクオフに挑戦! この膝を立つだけでも大変だが, ここから一気に立ち上がれば!


ズトーーーーン… 待ってー…


気を取り直して再度挑戦するも ズトーーーーン… こっち戻ってこい… で,,, 結局この繰り返しで,,, 1日が終わりました…


隣に写っているのがサーフィン師匠の[なおこりん] ボードに立つどころか膝を立てることすら難しかったサーフィン. 写真は撮れていませんが, 奇跡的にコンマ何秒波に乗る(立つ)ことができました. サーフィン, 難しい!!!


運動後の食事はタイカレーで


乾杯!!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



お勧めの記事一覧



にほんブログ村のランキングに参加してます!
1日1度押して頂けるとポイントが反映してランキングが上がっていく仕組みになってます。
↓このボタンをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑このボタンをクリック↑
皆さんのクリックでブログを書くモチベーションにも繋がってきます! 是非お願いします!
カテゴリー: オーストラリア体験

Translate »