ノイシュバンシュタイン城とは!?

ディズニーのシンデレラ城のモデルになったとも言われている[ノイシュヴァンシュタイン城], ノイシュヴァンシュタインとは[新しい白鳥の石]という意味で、その名前から「白鳥の城」とも呼ばれているそうです。まさにその名の通り、マリエン橋から見るノイシュヴァンシュタイン城は格別で、絶壁の上にそびえる白鳥のように優美にそびえたっています。まさに楽園の風景、多くの湖がある土地、数々のお城。ヨーロッパ中世以降の世界を体感できるフュッセンは、ロマンチック街道のハイライト!

アクセス

個人でアクセスする場合は,フュッセン(Fussen)という街までアクセスする必要があります。ドイツは鉄道のアクセスがとても便利で、ロマンティック街道の最大の都市であるアウクスブルク(Augsburg)から列車に乗ってフュッセンまで向かいました。帰路はフュッセンよりミュンヘン(München)まで電車で移動しています

往路 08:15(Augsburg Hbf)(発) ⇒ 09:56(Fussen Bahnhof)(着) RE(州内を走る快速)
帰路 17:05(Fussen Bahnhof)(発) ⇒ 19:16(München Hauptbahnhof)(着) RE

ノイシュバインシュタイン城までは, アウクスブルクやミュンヘンなどの大都市から鉄道での日帰り観光可能です。時刻表はドイツ鉄道(Deutsche Bahn)のサイト(英語表示)で確認できます

フュッセンまで移動している間は, 今までの思い出を綴ったり風景を見たりしながら時間を過ごすことに。そこは見渡す限りの緑で, 家畜農業をやっている家もあったりなど, とてものどかな街でした

日帰りモデルプラン

10:20 チケットセンターに到着 
ノイシュバンシュタイン城, ホーエンシュヴァンガウ城のチケットは、予めネットで予約してから向かいました ※ピーク時は購入するのに数時間並ぶこともあるので事前予約がお勧めです 

観光は時間指定制です. ネットで予約する際は, 観光する時間帯が定められます. 私は以下のようなスケジュールを組みました


・ホーエンシュヴァンガウ城 11:45入場
・マリエン橋を徒歩で散歩(ここから眺める景色が絶景)
・ノイシュバンシュタイン城 13:45入場

2つの城とマリエン橋を徒歩で廻って観光するには 約6時間程(1日掛かり)かかります

11:45 ホーエンシュヴァンガウ城
まるで絵に描かれたかのように、ホーエンシュバンガウ城は緑の森の緑にそびえ立っていました。まさにドラクエの世界。黄色の外壁もまた美しいです

13:45 ノイシュバンシュタイン城 
ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなったという城ですが, その見事な風景ととてつもない内装は世界でも比類がないんじゃないでしょうか!?


マリエン橋より : ノイシュバンシュタイン城から10分ほど歩けば, このよくパンフレットにも載っている全体の景色を眺めることができます


来た証拠写真 : 一応 決めポーズ…


ノイシュバンシュタイン城内から見えるマリエン橋

View this post on Instagram

Neuschwanstein Castle, Germany 🇩🇪 ノイシュヴァンシュタインとは「新しい白鳥の石」という意味で、その名前から「白鳥の城」とも呼ばれているそうです。 まさにその名の通り、マリエン橋から見るノイシュヴァンシュタイン城は格別で、絶壁の上にそびえる白鳥のように優美にそびえたっています!!! まさに楽園の風景、多くの湖がある土地、ヨーロッパ中世以降の世界を体感できるフュッセンは、ロマンチック街道のハイライト! . . . #大勢の中のひとりになるな #neuschwanstein #neuschwansteincastle #europe #europe_gallery #germany #munich #munchen #München #travel #instatravel #mytravelgram #backpacker #nature #naturephotography #explore #lifeofadventure #wanderlust #adventureseeker #doyoutravel#travelmore #openmyworld #tabippo

TakaYasuさん(@yasuta1n)がシェアした投稿 –


城内は撮影禁止ですが, 最も人気の高い観光街道の一つですので, ドイツに来た際は是非足を運んでみてください

にほんブログ村のランキングに参加してます!
1日1度押して頂けるとポイントが反映してランキングが上がっていく仕組みになってます。
↓このボタンをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑このボタンをクリック↑
クリック・フォローお願いします!
カテゴリー: ドイツ観光

Translate »