マレーシア[超定番]料理おすすめ

マレーシアには、マレー系、中国系、インド系など、マレーシアの各民族それぞれに独自の料理が存在する
マレー系の多くはイスラム教徒であり豚肉を食べることをタブーとされていて, また南インド出身のヒンドゥー教徒は牛肉を食べない人もいるなど, 宗教により全く異なった料理があって面白い. Nasi(米)が主食でマレーシア国産米やタイ米が多く, 代表的な米料理として ココナッツミルク(+ニンニクで)米を蒸したナシレマッ(Nasi Lemak)がある

ナシレマッ(Nasi Lemak)

ココナッツミルク(+ニンニクで)で米を炊いた マレーシアの代表的な米料理 ナシレマッ(Nasi Lemak)
ナシ(Nasi)が米, レマッ(Lemak)がココナッツミルクを意味する. トッピングとして, イカンビリス(乾燥した小魚), サンバル(唐辛子をすりつぶして作ったソース), キュウリやゆで卵などを添えることが多い. ココナッツライスは甘く美味しいですが, サンバルソース(香辛料)が若干辛めなので辛いのが苦手な人は注意!!! 基本的には朝食で食べるものなのでレストランでも朝にしか売っていないことが多い

ナシゴレン(Nasi goreng)

マレーシア風チャーハン ゴレン(goreng)には炒めるという意味があり, ナシゴレンで焼飯(チャーハン)になる
食材は鶏肉、牛肉、エビなどが多く使われる. びっくりするほどナシゴレンの種類は多く, 何処の屋台でも食べれます! シンプルだが美味しい! マレーシアに来た際は様々なナシゴレンに挑戦してみてください
写真はナシゴレンビアサ(一番ベーシックなナシゴレン)

ミーゴレン(Mee goreng)

マレーシア風焼きそば マレーシアではミー(Mee)が麺を意味しミーゴレンで焼きそばになる
魚醤(ぎょしょう)風味で味付けした非常にシンプルな味付けで, ナシゴレン同様 様々な種類があり何処の屋台でも食べれます! インドネシアでは, スペルは異なるがミー(Mi)が麺になり, ミーゴレン(Mi Goreng)で焼きそばになる.

ラクサ(Laksa)

マレーシア風ラーメン(ヌードルスープ) 地方により麺やスープ具材など全く異なってくる
広義にはラーメンだが, モチっとしたしっかりした太麺でうどんに近い. ペナン島のラクサはアッサムラクサ(Asam laksa)が代表的で酸味(アッサム)が強く魚の出汁が効いたラーメン, 他にも, ココナッツミルク + カレーを用いたカレーラクサ(Curry laksa)が存在する. ラクサも基本的には辛めの味付けが多いイメージです
写真はアッサムラクサ

サテー(Mee goreng)

マレーシア風 串刺肉
日本だと串は焼き鳥が一般的だが, 鶏(Sate Ayam) 牛(Sate Daging) 山羊(Sate Kambing)と種類は様々.田舎だと1本1RM以下(20〜25円ぐらいから)売っている. 味はついていますが, 甘辛ピーナツタレを付けて食べるのがマレーシア流.肉の部位が小さいため十数本と食べれてしまう!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



お勧めの記事一覧



にほんブログ村のランキングに参加してます!
1日1度押して頂けるとポイントが反映してランキングが上がっていく仕組みになってます。
↓このボタンをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑このボタンをクリック↑
皆さんのクリックでブログを書くモチベーションにも繋がってきます! 是非お願いします!
カテゴリー: 世界料理

Translate »