[パキスタン料理とは]

スーダンの主食はパンになり中東と同様にフェッタ(fatta)パンがよく食されます。また、羊と牛が多く飼われていることから乳製品が主要な栄養となります。一般的によく食べられている料理にも焼いた肉のケバブが挙がり、ケバブとフェッタは日々欠かせない料理コンビネーションの一つになっています。

【スーダンの一般情報】
首都:ハルツーム
面積:188万平方km(日本の約5倍)
人口:4053万人
言語:マレー語(母国語), 中国語, タミール語, 英語
宗教:イスラム教(北部アラブ系),キリスト教(南部),伝統宗教
通貨:スーダン・ポンド
その他:スーダンは2011年 独立を求める内戦勃発によりでスーダン共和国と南スーダン共和国に分離。しかし独立後も、南スーダンは政府と反政府勢力が衝突し内戦/紛争に発展している

出典:外務省

ティッカ ボッティ バーベキュー

ティッカ ボッティ バーベキュー(Tikka Boti BBQ)は食べやすいサイズにカットした肉を、ターメリックやガラムマサラ、クミンなど様々なスパイスに漬け込んで焼いた料理
牛や仔羊、鶏肉が使用され、スパイスには食欲を引きつけるニンニクや生姜、ヨーグルトが含まれ、味と香りに奥行きがあるパキスタンを代表する伝統的料理になります。

牛肉やマトンや鶏肉が使われます。スパイスには、肉の旨味が倍増するニンニクや生姜も使われています。日本人には新感覚の焼肉。旨さにハマる人続出のパキスタン料理です!

るパキスタン料理は「シンディ・ビリヤニ」。パキスタンを代表する家庭料理のひとつ。スパイスたっぷりの肉や野菜のカレーの上に、層になるように米を投入して炊き上げた米料理。

スポンサーリンク




お勧めの記事一覧



カテゴリー: 世界遺産

Translate »