マレーシアには、マレー系、中国系、インド系など、マレーシアの各民族それぞれに独自の料理が存在する。
マレー系の多くはイスラム教徒であり、豚肉を食べることをタブーとされている。また、南インド出身のヒンドゥー教徒は牛肉を食べない人もいる。 Nasi(米)が主食でタイ米がが多く、一般的な米料理にはココナッツミルク、ニンニクで蒸して独特の芳香をあたえ、 キュウリやゆで卵など盛り付けて食べることが多い。

【ナシゴレン(Nasi goreng)】

マレー風炒飯。Nasi(米) gorengというのは炒める、揚げるの意味。動物性の食材は鶏肉、牛肉、エビなどが多く使われる。何処の屋台でも食べれます!!!

【ミーゴレン(Mee goreng)】

マレー風焼きそば。屋台の女王様とうたわれるミーゴレンは魚醤の風味で味付けした非常にシンプルな焼きそば。 マレーシアではMee goreng, インドネシアではMi Gorengと呼ばれる。ナシゴレン同様、何処の屋台でも食べれます!!!

【ナシレマッ(Nasi Lemak)】

マレーシアの代表的な朝ご飯。ココナッツミルクで炊いた白ご飯の上に イカンビリス(乾燥した小魚)、サンバル(唐辛子をすりつぶして作ったソース)をトッピングしたもの。 ココナッツライス甘く美味しいですが、サンバルの香辛料が若干辛めです。
写真はlitte penang kafe(ツインタワー内)にて 11.30RM

【ミーソト(Mee Soto)】

マレーシア南部で人気の麺料理。ビーフン入りのカレースープ麺。
喉ごしよく、さくっと千切れる太麺チキンも柔らかくカレー煮込みされいる。
写真はCity hall town屋台にて(近くにある某ハンバーガー店より格安で食べれます!!!) 2.5SGD

カテゴリー: 未分類